困っている男性たち
  • ホーム
  • PE治療薬の「プリリジー」の紹介

PE治療薬の「プリリジー」の紹介

男性が人には言えない悩みのひとつに早漏があります。
世界で初めて内服タイプの早漏治療薬として、ヨーロッパを中心に世界60か国以上で認可されているPE治療薬です。
日本国内ではまだ未承認ですが、海外においては有効性・安全性は認められています。

プリリジーの有効成分は脳内のセロトニン濃度を一定に保つことが出来る効果があるとされ、これにより脳の興奮状態を落ち着かせることが可能となるのです。
性的な興奮や刺激を受けた時には、脳ではノルアドレナリンが盛んに分泌されて興奮状態となります。
脳の興奮は射精のコントロールを妨げてしまうために早漏へとつながるのです。
そこでプリリジーによって脳の興奮を抑えることが出来れば、射精のタイミングをコントロールできることになるという訳です。

プリリジーが早漏改善に与える効果は個人差があります。
服用後1時間程度で効果があらわれ始めて、通常の挿入から射精までの時間が3~4倍程度に長持ちさせることが出来ると言われています。
普段からパートナーに対して満足させることが出来ずにいる人でも、射精までの時間が長くなることでより自信をもって性行為を行うことが出来るのです。

プリリジーの有効成分は、服用後90分で血中濃度が最大となります。
そのために性行為の90分前にはプリリジーを服用することが大切です。
また一度服用した後は6時間程度効果が持続するとされており、慌てて服用しなくても余裕をもって準備することが可能です。

より深刻な早漏に悩む人では初めての服用では思ったような効果が出ないことがあります。
しばらく服用を続けること射精までの持続時間が安定してくるという特徴があるために、確かな実感を感じるためには少なくと複数回は服用し、調子を見るのがいいと言えます。

海外医薬品のプリリジーには60mgと90mgがありますが、体格の小さい日本人では60mgで十分です。
もし60mgで思ったような効果が出ない場合にのみ90mgにするといいでしょう。

プリリジーの副作用と併用禁忌

PE治療薬としての安全性は海外では承認されていますが、薬には副作用があることを忘れてはいけません。
副作用が出る頻度としては1割未満となっており、その症状は吐き気・嘔吐・下痢などの胃腸に関するものから、頭痛やめまいといった症状も報告されています。
ただしプリリジーの有効成分は体内に蓄積することはなく24時間で体外に排出される性質があります。
そのため副作用が出ても長期間持続することはなく、徐々に治まっていくと考えて大丈夫です。

注意しなければならない副作用として一時的な低血圧を起こす可能性があるため、立ちくらみ・めまい・失神などをよく起こす人は気を付けるようにします。
プリリジーは狭心症や心筋梗塞を患っている人、中~高程度の肝障害・腎障害の人、血液が固まりにくい血液凝固障害の人などは使用が出来ません。

そしてプリリジーには併用禁忌となっている薬剤もあります。
特にうつ病で治療をしている人は注意が必要です。
抗うつ剤のMAO阻害薬を服用している人は、MAO阻害薬を中断後2週間はプリリジーの服用が禁止されており、プリリジー服用後1週間はMAO阻害薬が再開できません。

統合失調症の際に処方される抗精神病薬も同時に服用することは出来ません。
心室性の不整脈が出る可能性があるからです。
その他にもうつ病で処方される薬には併用禁忌薬が多く存在するため、プリリジーを使用する際には医師に確認を取ることが重要です。

また水虫などの治療に使われる抗真菌薬、HIVの治療のための抗HIV治療薬も併用禁忌です。
プリリジーには併用禁忌薬が多く存在するため、既往歴や常用している薬がある場合は医師に必ず相談してから服用するようにしましょう。

関連記事