困っている男性たち
  • ホーム
  • 禁煙補助薬「チャンピックス」の紹介

禁煙補助薬「チャンピックス」の紹介

禁煙を補助するための専門の治療薬としてチャンピックスという飲み薬があります。
チャンピックスを服用することにより、タバコを吸わないことで起こる各種の精神的ストレスを減少させて、効果的に禁煙をすることができます。

チャンピックスを服用することによりタバコを吸いたいという気持ちを減少させることができるのは、人間の脳にあるニコチンを受容する組織に働きかけることができるからです。
一方で、喫煙者がタバコを吸ったときに気持ちよさを感じるのは、タバコの中に含まれるニコチンが、この脳内にある受容体と結合することにより、受容体から心地よさを生み出す物質が分泌されることに基づきます。
禁煙をした人がタバコを吸わないときに感じる精神的なストレスは、この受容体にニコチンが長期間供給されないことによって起こるものです。
チャンピックスはこうしたニコチンの不足による禁断症状を抑えることができる働きがあります。

チャンピックスの中にはこのニコチンを受容する組織と結合する働きを持っている成分が含まれています。
そのためにチャンピックスを服用した場合に、タバコを吸ってニコチンを吸収したときと同じように、ニコチンの受容体からは、心地よさを感じさせる成分が分泌されます。
こうした理由により、タバコを吸わないことによるニコチン不足から生じる精神的ストレスを効果的に緩和できる働きがあります。

チャンピックスが禁煙を補助できるのは、タバコを吸ったときの心地よさを減少させることができる働きとも関連しています。
それは、ニコチンの受容体と結合したチャンピックスの成分は、受容体から気持ちよさのもととなる物質を分泌させるだけでなく、ニコチンと受容体を結びつけることを妨げる働きもあるからです。
仮に禁煙中の人がタバコを吸いたいという欲求に負けて喫煙をしてしまった場合でも、タバコに含まれているニコチンが受容体に吸収されにくくなっているので、喫煙の気持ちよさを感じることができにくくなっています。
その結果として、タバコを吸いたいという気持ちを減少させることができます。

チャンピックスの副作用と併用禁忌

禁煙補助薬であるチャンピックスは、服用する人の体質によっては副作用が発生する可能性もあるために、何らかの症状が発症した場合にはすみやかに医師に相談する必要があります。

チャンピックスを服用したときに起こりうる副作用として一般的なものには吐き気があります。
また服用後に腹部に張りを感じる場合もあります。
人によっては張りだけでなく、痛みを感じる副作用も存在します。
腹部の中でも特に上の方に痛みを感じる場合には、チャンピックスの服用による副作用の可能性が高いです。

消化器官に関連する副作用としては、便秘をしやすい体質になる可能性もあります。
そのために、チャンピックスを服用し始めた人が定期的に排泄できなくなった場合には、副作用の可能性を考慮する必要があります。

チャンピックスの副作用には脳に影響を与えるものもあります。
人によっては服用によって頭痛を感じる場合もあれば、睡眠時に副作用が現れる場合もあります。
寝ているときに夢を見た場合で、普段は見ることがないような種類の夢を見た場合には、副作用の可能性が考えられます。
また人によっては眠りにつきにくくなって不眠症になる場合もあります。
これらの症状のうち一つでも当てはまる場合には、すみやかに医師に相談する必要があります。

チャンピックスを服用する場合には併用禁忌とされているものを避けることも必要です。
併用禁忌とされている代表的なものは、ニコチンを成分に含んでいるほかの種類の禁煙治療薬です。
その他に病気の治療のために薬を常習的に服用している人も、医師に相談する必要があります。
また腎臓の機能に何らかの異常のある人は、チャンピックスを服用する前には必ず、医師の診断を受けることが必要です。

関連記事